「わたしが会ったのはあの人じゃありません!」――女は最後まで一貫してそう主張した。

事件の目撃者である女子銀行員を主人公に「帝銀事件」を描く表題作と死刑囚と被害者遺族の奇妙な交流を描く「壁の向こうの友人」を収録する高橋いさをの最新戯曲集。
2011年から2020年までに発表したエッセイ編も併録。高橋いさをの第十八戯曲集。

論創社刊。定価¥2000